くまもとけんりつ びじゅつかん
熊本県立美術館

熊本城大天守外観復旧記念
熊本城と武の世界

2019年10月26日~2019年12月15日

熊本城は、安土桃山時代(16世紀後半~17世紀初め)に加藤清正によって築かれた、難攻不落の名城として知られています。この展覧会では、熊本城の歴史を物語る史料と、熊本城主であった加藤家、細川家ゆかりの刀剣や甲冑を展示しています。日本の近世(16世紀後半~19世紀半ば)における城の役割や軍事のあり方、武器・武具の美をぜひご覧ください。

【観覧料】一般1,000円、大学生800円 、高校生以下無料

細川コレクション
永青文庫展示室

肥後熊本54万石を治めた大名・細川家に伝来する甲冑をはじめとする武器・武具のほか、城や邸宅を飾った屏風や掛け軸などの絵画、歴代当主が収集した茶道具等、国宝・重文を含む美術品や古文書が数多く伝わっています。細川コレクションは、熊本の歴史を物語るものであると同時に、我が国を代表する一大コレクションです。

勇姫 – 幕末維新期を生きた細川家のお姫さま

2019年10月22日〜12月15日

細川家に生まれた勇姫(1834~87)は、福井藩の殿様、松平春嶽に嫁入りしました。本展では、勇姫が福井で使っていた調度や衣裳、勇姫に関する古文書をご覧いただけます。幕末(19世紀)から明治へと転換する激動の時代を生きた勇姫の足跡をたどる展覧会です。

大名細川家の茶道具と大観、春草

2020年1月8日〜3月22日

細川家伝来の茶道具などの名品を展示。また、1/8~3/1には細川コレクションの至宝であり、わが国を代表する日本画家 横山大観の傑作《山窓無月》※、3/3~3/22には菱田春草の重要文化財《黒き猫》※、同《落葉》※を特別公開します。この機会にぜひご覧ください。[※永青文庫所蔵(熊本県立美術館寄託)]

Gallery

熊本県立美術館

  • 住所 熊本市中央区二の丸2番地
    開館時間 9:30〜17:15(入館は16:45まで)※10月26日(土)は、開会式のため10時開場
    休館日 月曜休館、11月4日(月・振休)は開館し、翌5日(火)休館、11月18日(月)は「障がいのある方々のための鑑賞デー」として開館
    観覧料 一般1,000円、大学生800円、高校生以下無料 ※勇姫展との共通観覧券が一般(1,100円)あり
    TEL 096-352-2111
    URL https://www.museum.pref.kumamoto.jp